大鉄観光バス 新型コロナウイルス対策

貸切バスにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン遵守のほか、安心してご乗車いただくための対策を行っております。新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、お客様におかれましてもご協力のほどお願いいたします。

光触媒を貸切全車両に実施しました

キャンディルテクト社の車内灯でも反応する光触媒技術を実施し、抗ウイルス抗菌空間の提供に努めています。この技術では新型コロナの原因ウイルスSARS-CoV-2の不活化が確認されています。

オゾン消臭発生装置を導入し定期的に実施

「ALSOKのオゾン消臭発生装置」を導入し運行のない日に定期的に実施、オゾンの強力な酸化作用で空気中の浮遊菌からドアノブなどについた付着菌など、様々なウイルス・菌の分解除菌効果が期待されます。

※一部の車両には「空気清浄機」や「フレッシュオゾン」と「高濃度マイナスイオン」を発生させる空気清浄機サリールを搭載しています。

ALSOKのオゾン消臭発生装置

センサーで噴霧する消毒ディスペンサーを全車両に導入

ステップにオートディスペンサーを設置。乗務員不在時にもセンサーで噴霧消毒ができるようになっています。(状況で作動しないこともあります。ご了承ください。)

車内の空気は常に入れ換わっています

バスエアコンは常に外気導入で運転しています。常に空気が動いて概ね5分で入れ換わる仕組みになっています。

その他の対応

1. お申し出いただけますと車内の二酸化炭素濃度を測るCo2 マネージャーを用意できます。

2. 自社特別ツアー専用車には、前後客席間据え付け式の飛沫防止シールドを設置。

乗務体制

  • 出退勤の点呼執行時には検温を実施、顔認証も搭載して記録もバッチリ。(営業所における対面点呼に限ります。業務宿泊先においては非接触型携行体温計を使用しています。)
  • マスク、手袋の着用で感染防止。荷物などの積み込み時にも着用しますのでご理解をお願いいたします。
  • 窓の開放、運行後の車内の消毒を実施

お客様へ参加前のお願い(ガイドラインから一部抜粋)

  • 乗車中は「マスク必着」「大声での会話禁止」です。
  • 特殊な事情を除き、サロンの使用はお断りしています。
  • カラオケや客席マイクの使用を中止しています。
  • 車内での飲酒、食事は原則として禁止させていただきます。
  • お茶、エチケット袋の提供を中止しています。
  • 日頃からの体調管理(感染予防対策)をお願いします。
  • 当日37.5℃を超えた場合はバスへの乗車をご遠慮ください。

団体の依頼の方へのお願い

  • 貸切バス代は実際にご利用いただいた回送を含む全利用時間と全走行距離により変動します。
  • 法令により乗務員に拘束時間(出勤から退勤まで)などの制限や、休憩時間の取得義務がございます。そのような時間も利用時間に含まれますのでご理解とご協力いただけますようお願い致します。
  • 記載のコロナ感染症拡大防止対策は当社バスにて運行した場合に適用されます。